商品情報が不十分

一生懸命ECサイトを作っているつもりで全然駄目ということもあります。駄目なクラウドECサイトには、商品ページに動画がありません。実際に完成したECサイトが充分に訴求力を持っているかということを追求していかなければなりません。動画はコンテンツマーケティング戦略においても重要な役割を果たすと考えてください。動画がここに存在しているから、ユーザーがそのECサイトに滞在する時間も長くなります。長さと、購入率は比例すると考えてください。

そして、商品情報が不十分なECサイトはもちろん駄目なECサイトです。ユーザーがECサイトに来るものの何も買わず去ってしまう理由についてしっかり追求していかなければなりません。それは商品についての十分な説明がないためではないでしょうか。

実際に42%のユーザーたちが商品の情報の不足で購入を見送ったと言ってるのです。郷に入れば郷に従えば良いのです。そして商品の写真です。ECサイトはみなさんが思っている以上に視覚的なものである必要があります。写真がそこに大きくあるというだけで、インターネットという不安感も消えたりするものではないでしょうか。ECサイトで直に向きあっているようなイメージを抱くことができます。

レスポンシブWeb

ECサイト制作は、ECサイト制作会社にお願いするのが一番ベストなのかもしれません。初心者の人たちがユーザーの求めているECサイトを構築できるかといえばやっぱり疑問だと思います。

あなたに勉強する時間があればいいですが、すぐに商売をしなければならないというときは、他人頼りをしてください。

もう一度、スマートフォンの重要な意味をお話ししますが、今時パソコンに向きあってショッピングをしようとする人たちも激減しています。インターネットショッピング自体が激減している訳ではなく、スマートフォンがあまりにも普及し過ぎているからです。そのとき、私達は、スマートフォンユーザーを巻き込む商売の方法を考えていかなければなりません。

それがどのような方法かといえば、レスポンシブECサイトです。ECサイトを、スマホなどのマルチスクリーン対応させる方法について考えてみましょう。 パソコンで閲覧しているからパソコン用のHTMLを表示、 スマートフォンで閲覧しているからスマホ用のHTMLを表示というのではなくて、 それはブラウザの横幅サイズを判断基準にし、スタイルシートを切り替えていく手法です。今時、ワンソース管理には大きなメリットがあります。

ECサイトのデザイン

ショッピングカートをはじめ、ポイント制、カード決済、おススメ表示にサイト内検索などなど、自分のECサイトに必要な機能を決定していかなければなりません。しかし欲張れば全部欲しいと思ってしまうものの、たくさんあって何がなんだか判らないクラウドECサイトを構築してしまわないようにも注意をしなければなりません。逆に多くて使いづらいことがあります。当然初心者なのですし、必要最小限は何かということを追求してみましょう。

次にしなければならないのは、サイトのデザインです。やっぱりサイトのデザインを決めるということもECサイトに欠かせないです。機能的にどう素晴らしいECサイトだとしても、商品の写真が小さかったり、見た目がごちゃごちゃしていることで、 利用者が使用したくないと思ってしまうかもしれません。

そして、今時、ECサイトは、スマートフォンを意識したデザインを構築することもとても大事なことです。ほとんどの人たちがスマートフォン依存になっているのです。ただパソコン対象をしていても何もいいことがありません。 自分自身がECサイトを構築することもできます。しかし、もっと確実な方法といえば、ECサイト制作会社にお願いすることです。

関連サイト≪ECサイト構築クラウド | MODD |

クラウドECサイト構築

クラウドECサイト構築とはどのようなことを言うのでしょうか。今更、ECサイト?構築?ECサイトって何?なんて恥ずかしくて聞けないかもしれないですよね。しかし、判らないまま、スルーしてしまうこともできないですし。今時、初心者の方々でもECサイトを立ち上げなければならない機会に遭遇してしまうかもしれません。

クラウドECサイトを作るためには、様々な作業を行います。サイトのデザインなどに拘りを持つのもいいですが、 まず、私達が明確にしなければならないのは、どのような目的で、ECサイトを立ち上げようとしているかです。売上目標や集客目標などなど、みなさんには、 何がしたいというそれぞれの目的があるはずです。自分で自分の心に問いかけてみましょう。 自分の目的が明確になったら、ECサイト作りをスタートします。

まずは、名前を決定しましょう。サイト名なんて二の次、三の次だと考えている人たちもいるようですが、実際にはそうではありません。販売する商品・サービスやサイトのコンセプトを元にして、 キーワードを選択して、いくつか候補を並べてみてください。

サイトの名前は、やっぱり記憶に残りやすいものなどを選択するようにしたいものです。ECサイトのイメージは、名前から作られる部分が多いということは最初に理解しなければならないことです。名前によって売上げが変わるということも大いにあることです。次には、 サイトの使いやすさによっても売上げは変動して行くものです。